借金を重ねてとうとう自己破産に。でもホッとしました・・・。

私は40代、男性、会社員です。何を隠そう、私は40代になった今でも独身で、それだけでなく今まで女性ときちんとお付き合いをしたことがないのです。

とにかく、40代にもなって独り身の男というものは寂しすぎます。夜になると優しい女性と接したくて夜な夜な街に繰り出していました。最初のうちは女の子のいるスナックなんかに行っていたのですが、だんだんそれでは満足出来ず、もっと綺麗で女性と触れ合えるキャバクラに行くようにもなってしまいました。初めてキャバクラに行った時には世の中にこんな天国みたいな所があるのかと思ってしまったんです。それはそれは綺麗な女性がたくさんいて、しかも自分に優しくしてくれます。私はすぐにキャバクラにハマってしまいました。

そしてそこで出会った女の子に恋をしてしまい、それからというものの、毎日のようにそのキャバクラに通うようになったのです。けれどキャバクラ嬢など簡単に自分になびいてくれる訳がありません。気がつけば私はキャバクラに通うお金、そしてその女の子に貢いだお金でとんでもない金額の借金をしてしまっていました。

その借金はなんと800万円です。銀行のカードローン、消費者金融、そして最後の方では闇金からもお金を借りるようになってしまっていました。

最初のうちは仕事もしているし、すぐに返せると思い、銀行のカードローンを利用していたのですが、だんだんと返済日にお金が足りない状態になり、それを解決するために新しい先で借金を重ねるという感じになってしまったのです。そして銀行や消費者金融では限度額が一杯になっていたり、新規の融資が通らない状態になり、返済に行き詰まった私は街中の電柱に貼ってあった広告を見て闇金に手を出してしまいました。闇金からお金を借りると次から次へと融資をするという連絡がスマホにかかってくるようになり、その言葉に誘わられるがまま、私は借金を重ねていきました。

で、気がついたら借金総額が800万円という、到底返済不可能な状態になってしまったのです。ここまで多重債務者になるとそれこそ毎日が返済日になってしまいます。もちろん、手元にはお金なんかないので、借りたお金を返すことなんか出来ません。私は毎日、スマホにかかってくる電話に怯える生活を送っていました。

今思えば、私は毎日の返済日に追われていた時は精神的に病んでいたと思います。ある時、街をふらふら歩いていると債務整理の広告が目に入ってきました。以前は全然気にしていなかった広告ですが、その時は私には天から舞い降りてきた助けのように思えたのです。その広告は弁護士事務所のものでした。私はすぐにその広告に書いてある連絡先に電話をし、今すぐに相談に乗って欲しいとお願いをしました。すると、借金の全容がわかる資料を持って事務所に来るようにとのことです。私は返済の明細が分かる資料を全て携えて弁護士事務所のドアを叩いたのです。

弁護士先生に私の状況を見てもらうと、もはや、私の収入からすると自力で再建することはまず無理だろうと言われました。この状況から判断して、解決する方法は自己破産だと言うのです。自己破産といえば、一切の財産を手放すことになり、社会人としてもはや世間からは認められない存在になることを意味します。けれども、私は毎日の返済日に追われる生活から解放されると思うと、自己破産こそが私のこれからの未来を切り開いてくれる手続きだと思ったのです。私はすぐに弁護士先生に自己破産手続きをお願いしました。結果、諸々の手続きを経て、私の自己破産手続きは完了しました。

手続きの際、私は裁判所などに行ったのですが、そこで初めて自分の愚かさに気がついたのです。

800万円もの借金を抱えてしまい、毎日の返済に追われていた時は精神的にも参ってしまい、まともに仕事も出来ないようになっていました。ですからあの時、自己破産手続きをしなければ、仕事も失い、借金も減らないという負のスパイラルに陥っていたと思います。ですから、やっぱり自己破産をしたことはとても良かったと思います。

今では、それまでの人生を反省して真面目に生活をしています。今の世の中、お金を借りることはとても簡単に出来ます。けれど借りすぎると本当に返すことは借りることとは裏腹にとても難しくなってしまうのです。みなさんもカードローンの使いすぎなどには十分に気をつけてくださいね。